平成16年度石川県支部
= 「診断実務研修」を開催 =


12月11日(土)、12日(日)の二日間にわたり
石川県支部としては2回目の試みとなる「診断実務研修」が開催されました。

研修テーマは「企業・団体内での中小企業診断士資格の活用」

近年の資格取得者の増加にともない、石川県支部でも「企業内診断士」の
会員が増加しており、今回の企画(研修内容)となりました。
(主催者、講師を合わせて参加者合計:20名)



一日目の研修風景


今回の研修では、企業内診断士の「本音の?体験発表」をメインテーマとし、
3名の支部会員から資格取得の動機や、資格活用の状況などに関する発表が行われました。


体験発表トップバッターは舟津会員(金信米丸支店長)

 
続いてNECソフトウェア北陸の本道会員(左)と石川県商工会連合会山森会員(右)




参加者との意見交換(パネルディスカッション)


=============================

なお、2日目は「企業内診断士と支部活動」というテーマで
今後の支部活動の方向性や活性化に関する話合いを行いましが
若手会員からは研究会の充実など、支部事業の革新を求める声が多く出されました。