平成18年度石川県支部
理論政策更新研修を開催


9月9日(土)12時50分より、石川県地場産業振興センター本館において
本年度石川県支部の「理論政策更新研修」を開催致しました。
(参加者は石川、福井、富山はじめ他県も含めて96名。)

昨年度より参加者は富山県、福井県を中心に4名 増加しました。

支部正会員 53名
診断士会員 28名
県内非会員 12名
県    外 3名
合    計 96名


昨年を上回る96名が参加



池田支部長開会挨拶後
最初は、本年7月に新たに着任した
石川県商工労働部産業政策課 早田 豪課長より
恒例の必修科目である「新しい中小企業政策」に関する講義。

石川県商工労働部 早田豪産業政策課長



続いて、株式会社スターシップホールディングス、畠嘉伸講師から
「M&Aの実際と今後のあり方」というテーマで
講義が行われました。

畠嘉伸講師



最後に、石川県中小企業再生支援協議会支援業務責任者で
本県支部専務理事でもある村田憲泰講師より
「企業再生計画策定事例」と題して近年の石川県中小企業再生支援協議会の
活動内容や今後の課題、さらには中小企業再生計画策定上のポイントについて
実例を踏まえた講義が行われ、定刻に閉会致しました。

村田憲泰講師



研修会風景