平成18年度 第4回役員会

9月4日(月)、地場産業振興センター本館において 午後6時30分より本年度第4回の役員会を開催致しました。


(出席者)

池田支部長、多川副支部長、北嶋副支部長、村田専務理事、荒木常任理事
松永理事、萬崎理事、野村理事、村本理事、舟津理事、杉原理事、多田理事
板賀理事、北村監事
塩山総務委員、竹内研修委員、竹田研修委員、高辻会員
平良診断士会幹事
(19名出席)




(議題)

(1)理論政策更新研修の準備及び役割分担について

  9月9日(土)にせまった本年度理論政策更新研修が福井県支部と日程が重なったにもかかわらず昨年を上回る96名より参加申込があった旨、池田支部長より報告。
 当日の会場設営や受付に関して役員間での役割分担を行いました。


(2)支部独自研修及びブロック会議について

 10月下旬をめどに支部独自研修として座学研修または工場見学を実施することとし、今後具体的なテーマを検討することとなりました。
 また、11月22日(水)に中部ブロック会議を本県支部の担当で実施することが了承されました。


(3)調査研究事業及び研究会について

 本年度支部「調査研究事業」は金沢信用金庫の企業内若手診断士を中心に実施することが内定し、近年応募のない「自主研究会」に対する支部独自補助の活用について話し合いました。


(4)本年度支部受託事業について

 池田支部長より委託先の事情等により、本年度は着手が遅れる見通しが報告されました。


(5)非会員の組織化について

 本県在住で支部正会員及び診断士会員のどちらにも所属していない診断士資格保持者(特に企業内診断士)に対し、今後入会促進活動を本格的に開始することとなりました。